信用情報機関の役割

キャッシングの利用審査はどのようにして行われているのでしょうか。
キャッシングの利用申込みがあると、各会社は信用情報機関というところで申込者が他社でどのような利用状況なのかを照会しています。 信用情報機関というのは、金融系の企業が会員となり会員各社の顧客情報や債務情報を共有できるように統合、管理されている機関です。
この機関で申込者の過去のキャッシングの利用状況(いつどの企業でいくら利用したか、その返済状況はどうか等)を確認し、その結果で融資可能であるか、可能な場合いくらまで融資可能かを審査します。 日本には5つの信用情報機関があり、各企業が全てに加盟しているわけではありません。ひとつしか加盟していない企業もあればほとんどに加盟している企業もあたったりと一律ではないのです。
従って、申込をするキャッシング会社の加盟する信用情報機関に事故情報がなければ、他の信用情報機関に事故情報があっても審査に通る可能性が高いという事になります。
◆ 日本の信用情報機関  全国信用情報センター連合会(全情連)  全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC)  株式会社シー・アイ・シー(CIC)  株式会社シーシービー(CCB)  株式会社テラネット



▲キャッシング比較ガイド TOPページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。