審査で確認されること

キャッシングの利用申込をする場合の審査では、申込者の申込内容に虚偽がないかの確認がされます。

キャッシング
審査で最重要視して確認される事項は、現住所、勤務先、電話番号の3つです。
現住所については、来店以外のインターネット等での申込で後日契約書が送られてくる場合は自宅以外の場所へは書面を送ってくれません。仮に郵便物の転送届を出している場合でも、転送先には配達されずキャッシング会社に返されてしまいます。
これは申込者が申込をした住所に住んでいるかの確認をする為です。 勤務先は本当に在籍しているかの確認が行われます。
キャッシング会社の担当者が申込者の勤務先に電話をしますが、その場合は個人名での架電であり、社名を出して電話をするような事はありません。 電話番号の確認は、申込書に記載された番号に電話をし、本人が電話に出るかの確認をします。
何か起きた時に電話連絡がつかないとなってはお金を貸す側にしては大変な事なので、番号の確認がきちんとできなければ審査には通らないでしょう。



▲キャッシング比較ガイド TOPページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。