審査の基準と方法

キャッシングの審査を行う場合、それぞれのキャッシング会社での審査はどのような基準で行われているのでしょうか。
キャッシングの利用申込の際の審査方法は、信販系と消費者金融系ではそれぞれ異なっています。
信販系のキャッシング会社の審査には、「属性ポイント制」という方法が採用されています。 これは申込者のそれぞれの属性を職業では「自営1点」「会社員3点」、住まいであれば「賃貸マンション1点」「持ち家3点」等といったようにポイントに換算していく方法です。各属性の合計ポイントによって、融資の可否やOKの場合の融資限度額を決定しています。
一方消費者金融系のキャッシング会社で採用されているのは「属性モデル像」というものです。
この方法は、そのキャッシング会社のそれまでの利用者データの中から、申込者に最も近い属性の顧客データをモデルデータとして抽出します。そしてその顧客の利用状況で申込者は利用状況を予測し融資の可否や融資限度額を決定します。
モデルとされた利用者の利用状況が悪かった場合には、申込者本人がどうかに関わらず審査に通らない場合があるようです。




▲キャッシング比較ガイド TOPページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。