キャッシングと職種の関係

キャッシングの利用申込の審査に申込者本人の職種は関係するのでしょうか。
キャッシングの利用が可能な人の条件としては、「原則満20歳以上で安定した収入がある方」となっています。 ここでいう「安定した収入」というのは「毎月の返済が可能なレベルの収入とという意味です。

キャッシング
会社が申込審査をする場合の申込者の職種として、一番印象がいいのは公務員だといわれています。公務員は一般企業のようにリストラされたり、景気が悪いからといって給与カットされる事がないので融資をしても安心と考えられているからでしょう。
それに次いでキャッシング会社が好むのは大手企業の正社員、次に中小企業の正社員となっています。
自営業の方は、一般的に消費者金融系ではあまり進んで融資をしたがらない職種に入っているようです。




▲キャッシング比較ガイド TOPページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。